ゲームメモ物置

ゲームプレイ攻略方法や感想レビュー・メモ メール osusumeosusume33@gmail.com

広告

PS4『ウイニングポスト2016』感想レビュー(良かった所・不満点等)

PS4『ウイニングポスト2016』の感想レビュー。良かった所と不満点などを簡単にまとめた。 

良かった所、驚いた所

・飛車がかわいい。特に朝比奈すみれがものすごくかわいいのでおすすめ。

・PS4版では秘書を朝比奈すみれ、青葉エリカ、守永真彩から選択できる。

・競馬世界の史実を体験できる1982年からスタートするモードと、『if』と題し自分で物語を作っていく2017年からスタートするモードの2つから選べ自由度がある。

・自分で牧場経営ができ、厩舎、コースからサロン、温泉施設、観光施設まで幅広い経営が楽しめる。

・調教師や騎手まで自分の好きなように依頼ができる。もちろん武豊や福永祐一のように実在する騎手も登場する。海外のジョッキーも選択可能になる。

・もちろん自分自身も家族を持つことができ、数多く登場する美人女性たちのなかから結婚相手を探すこともできる。子供を産めば、その子供に牧場を継がせたり、騎手を目指してもらったりすることも可能。

・競走馬一匹一匹に育成方針を決めることができ、脚質、特性など個性がある。

・読み込み(ロード時間)がとても速くノンストレスで楽しめる。

 

不満点、悪かった所

・GCの進歩がそこまでではない。(もちろんPS3、パソコン版よりは綺麗)

・馬の成長が一部わかりにくい部分がある。

・良くも悪くも騎手によってレースの出来に大きく差がある。

・馬の配合理論が難しすぎる。

・初心者にはわかりにくい部分がある。(育成方針、成長度合いなど)

 

総評

ようやく発売されたPS4のウイニングポスト。相変わらずのシュミレーション性はまるで自分が本当に牧場経営に携わっているかのような感覚を味わうことができ、手塩をかけて育てた自分の馬が大きなレースで買った時の喜びは本物の競馬を観ているときと同じくらい嬉しい気持ちになる。牧場が大きくなるにつれ、お金も増え、自分に対する評価も上がり、更には結婚、出産といった人生の大イベントまで堪能することのできる。まさに競馬ゲームという垣根を超えた『人生ゲーム』といっても何ら過言ではない。秘書で一目惚れした朝比奈すみれをはじめとする女性陣はみな美しく、よりどりみどり。途中からは競馬よりもどの女性と親睦を深めていくか、そんな寄り道がメインになってしまわないように気をつけたい(嬉しい悲鳴)。

Winning Post 8 2016

Winning Post 8 2016

 
Winning Post 8

Winning Post 8

 
Winning Post 8 2015

Winning Post 8 2015