ゲームメモ物置

ゲームプレイ攻略方法や感想レビュー・メモ メール osusumeosusume33@gmail.com

広告

ドラゴンクエストモンスターズジョーカー3プロフェッショナル(DQMJ3P)の感想レビュー、良かった所、不満点など

3DSソフト『ドラゴンクエストモンスターズジョーカー3プロフェッショナル(DQMJ3P)』の感想とレビュー。良かった所、悪かった所、不満点など

 

 

良かったところ

・前作から大幅に増えたモンスター数

これは非常にありがたい。前作の「ドラゴンクエストモンスターズジョーカー3」は良くも悪くもモンスターのチョイスがあっさりとした味付けで、コアなファンに人気の一部のモンスターがごっそりと削られてしまっていた。例えばドラクエ6のムドー、ブースカ、サタンジェネラルや、DQ3のバラモス、バラモスエビルななどの魔王系のモンスター、また、うごくせきぞう、だいまじん、てんのもんばんなどの石像系モンスター、またスライダーキッズ、スライダーガール、スライダークロボなどのスライムヒーロたちや、しんりゅう、ブオーン、ヘルクラウドなどのボスモンスターもいなかった。しかし、今作ではそれらのモンスターが勢揃いし、まさに最終章に相応しいボリュームとなっている。

追加モンスターは以下を参照に

bouken.hatenadiary.jp

 

・前作をプレイした人間にはありがたい「ショートカット機能」

前作「ドラゴンクエストモンスターズジョーカー3」をプレイした人間にとって追加ストーリーはあれどもう一度同じストーリーをプレイするというのは苦痛が伴う。しかし、今作では、旅の序盤に相棒として一緒に冒険することになる「ノチョリン」に話しかけて「ショートカットしたい」と選ぶことでストーリーをまるごと飛ばすことができる。このきのうは非常にありがたかった。ショートカットすることでボス直前まで飛ばす「次のボスまでスキップ」かボスを倒して次の大陸までワープできる「ボスを倒して次のエリアまでスキップ」を選ぶことができるのでボス戦だけを楽しみたいという遊び方もできる。

個人的に前作はプレイ済みだったのでこのショートカットを使って本編をものの10分程度でクリアしてしまった。もちろん本編をショートカットするとレベルは上がらないし、モンスターも仲間にすることはできないが、ショートカットの際にレベルを挙げることのできる「しあわせのタネ」や各種アイテム、道中で手に入るモンスター一匹が仲間になるので最低限さっさとクリアしてしましたいというプレイヤーにもおすすめだ。 

f:id:ikdhkr:20170209130421j:image

f:id:ikdhkr:20170209130516j:plain

 

・データ引き継ぎで序盤からSSランクのモンスターを手に入れられる。

もちろん、前作をプレイした人のために「引き継ぎ機能」があり、前作「ドラゴンクエストモンスターズジョーカー3」と「ドラゴンクエストモンスターズ2 イルとルカの不思議なふしぎな鍵」からモンスターをスカウトすることができる。レベルが戻ることや一日に引き継げるモンスター数の制限はあるが、前作で育てたモンスターが無駄にならないというのはありがたい(引き継ぎの不満点は後述)

 

・ネットワーク対戦の2倍速が可能になったことでスムーズな対戦が可能になった

 

・裏ストーリークリア後に解禁される「超新生配合・改」でレベルの上限が120、特性の総コストも10増加され、また新たな戦術を組み込むことが可能になった。

 

・戦闘でノチョリンが回復やテンション増加のサポートしてくれることで通常戦闘の難易度が下がった。(サポート内容はランダム)

 

・水中ライドがどのモンスターでもできるようになった。

 

悪かったところ、不満点

・前作をやったプレイヤーにとっては正直、追加パッチで対応してほしかったという思いがあり、フルプライスを書い直すというのは少し厳しいものがある。

 

・引き継ぎしたモンスターの特性は初期のものになるので(引き継ぐのはスキル、サイズのみ、レベルは1に戻る)必死に組んだ特性が水の泡になるのはかなり悲しい。

 

・スキップ機能が使えるものの、裏ストーリーのボスはそこそこに手強いのでちゃんとレベル上げをしないと勝てない。そのためどちらにしろ時間が取られるハメになる。(メタルマップは使えるのでそこでレベルを上げるのが良い)

 

・使いのストーリーは相変わらずおつかいイベント

追加された「神獣を探す」というイベントは結局のところ指定されたポイントを何箇所も回ってボスを倒してを繰り返すとってつけたような内容のイベントだったのが残念だった。

特にラストダンジョンの「魔王城」は時間だけを取られぐるぐるの同じところを周回、バリアに触れると強制戦闘、流れる電撃に触れると入口まで戻される、と本当に堀井雄二が作ったのか疑いたくなるようなストレスだけが溜まるダンジョンで最悪だった。攻略サイトや攻略本を見ないでクリアできた人間がいるならぜひ会ってみたい、それほど最悪の出来だった。

 

 

総評

個人的にはかなり嬉しい追加モンスターの数々、インターネット対戦の楽しさに反して、前作のプレイヤーからすればそれ以外には旨味のない内容のゲームだと感じた。ただ、無印経験者の目から見ても新たなパーティの構築は辛くもあり楽しみな部分もあるので前作同様しっかりと楽しみたいゲームだった。もちろん、本作がドラゴンクエストモンスターズ初心者だという人にとっては間違いなく「良作」、クリア後は本当に楽しいと思えるゲームなのでぜひ楽しんでもらいたい。