ゲームメモ物置

ゲームプレイ攻略方法や感想レビュー・メモ メール osusumeosusume33@gmail.com

広告

DQMジョーカー3プロ『合体4枠究極こうどうはやいはぐれメタキンパーティ』考察

 

www.gaaaaaame.info

 

以前紹介した『合体4枠究極こうどうはやいはぐれメタキンパーティ』の考察と修正。

 

4枠はぐれメタキンの究極こうどうはやいと、全モンスタートップクラスのすばやさ、メタル化をすることでAI行動回数を増やしてもすばやさと守備力低下が低下しないことを利用してAI7回行動で1ターンキルを狙うパーティだった。

 

はぐれメタルキング 1枠

特性:ノーマルボディ、メタルボディ、超こうどうはやい、AI3〜4回行動、みかわしアップ、アンチみかわし

スキル:すばやさアップSP、MPアップSP、MP吸収ガードSP、聖竜ミラクレア

 

3枠

特性:ギガボディ、AI3〜4回行動ほか

 

問題点

何十戦かして負けたのは数試合だったのだが、勝てる敵には一瞬で勝てるが負ける相手には一瞬で負ける。

休み耐性がほぼゼロなので、1ターン目いあつ、ラブリーで封殺され、相手の合体攻撃で負けるパターンと相手の暴走列車、いきなりピオラによるすばやさ超えによる1ターンキルが目立った。

 

対策としてはふたつ

1.合体元の1枠はぐれメタキンの特性を3回AI行動に固定して、みかわしアップを外していきなりピオラをつける。そして3枠モンスターにいあつを持たせてすばやさで上回れる相手にも牽制できるようにする。

特性例:ノーマルボディ、メタルボディ、超こうどうはやい、AI3回行動、いきなりピオラ、アンチみかわし

 

2.はぐれメタキンを3枠にして合体上手、はじまりの守護者、いきなりピオラをつけ1ターン目を耐える。(相手が守護者持ちWORLDやいあつラブリー持ちでも2ターン目に先制を取れれば勝てる)

特性例:ギガボディ、メタルボディ、超こうどうはやい、いきなりピオラ、AI3回行動、はじまりの守護者、合体上手、みかわしアップ、アンチみかわしアップ

 

難点として、特性枠の関係上、どうしてもAI複数行動は最高でも6回までしか上がらず1ターンで倒せる可能性が低くなってしまうのと、根に持つタイプ、亡者リザオラルの対策が不十分なのがキモ。ジバルンバを持たせてもいいかも。

 

 

ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー3 プロフェッショナル 最強データ+ガイドブック for “PRO

ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー3 プロフェッショナル 最強データ+ガイドブック for “PRO" (SE-MOOK)

  • 作者: スクウェア・エニックス
  • 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス
  • 発売日: 2017/03/09
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る