ゲームメモ物置

ゲームプレイ攻略方法や感想レビュー・メモ メール osusumeosusume33@gmail.com

広告

PS4『この素晴らしい世界に祝福を! -この欲深いゲームに審判を!』感想レビュー【良かった所・面白かった所、不満点など】

9月7日発売のPS4ソフト『この素晴らしい世界に祝福を! -この欲深いゲームに審判を!』感想レビュー。良かった所・面白かった所、不満点などをまとめた。

 


PS4/PS Vita『この素晴らしい世界に祝福を! -この欲深いゲームに審判を!-』プロモーションムービー

 

良かった所・面白かった所

f:id:ikdhkr:20170909061126p:plain

PS4/PS Vita『この素晴らしい世界に祝福を! -この欲深いゲームに審判を!-』プロモーションムービーより

f:id:ikdhkr:20170909061426j:plain

 

DLC『Attack of the Destroyer』

・レトロ風なシューティングゲームが遊べる「Attack of the Destroyer」が面白すぎる。良いのか悪いのか、シューティングとしてかなり完成度が高い。正直本編よりも面白いのでメインをここに据えても良い気さえした。むしろこれだけで発売してほしい。「ボイス入り」というのも嬉しい。難易度も「EASY・NORMAL・HARD・DEATH」の4種類から選べ、クリアするごとにプレイアブルキャラが増えていくのも楽しい。

基本的には○でショット(攻撃)、✕で仲間のスキル発動とシンプルな操作になっているので誰でも遊びやすい。プレイキャラだけじゃなく、仲間キャラも個性があって面白い。めぐみんのボス戦の強さやダークネスの扱いの酷さは笑う。

 

本編

・アニメの世界をちゃんと踏襲した世界観と雰囲気はいかに制作陣が原作を大切にしているかが伝わってくる。

・きちんと高感度さえ調節すればフラグは全部回収できるので何周も繰り返しやらなくても良い

 

悪かった所・不満点

全編フルボイスじゃないところは少し残念、メイド喫茶くらいは頑張ってほしかった。予算がなかったのか…。(裁判とご褒美とお仕置きはフルボイス)

 

 

総評

キャラゲーとしては不満点でも書いた通り、フルボイスじゃないという点では他のゲームには劣る。むしろそれ以外は完璧と言ってもいい出来で、画質も良く、ボイス以外はシナリオもキャラ毎のルートもしっかりと作り込まれている良作。テキストのテンポの良さはかなりのもので思わずクスッとしてしまうところもあり脳内再生余裕だった。

Attack of the Destroyerの面白さ、中毒性はスーファミ世代なら確実にハマるのでこれ目当てで購入しても良いくらい。余裕のある人はぜひ。

 

 

PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7000BB01)

PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7000BB01)