ゲームメモ物置

ゲームプレイ攻略方法や感想レビュー・メモ メール osusumeosusume33@gmail.com

広告

PS4『巨影都市』感想レビュー【良かった所・面白かった所、不満点など】

10月19日発売のPS4ソフト『巨影都市』の感想レビュー。良かった所・面白かった所、不満点などをまとめた。


PlayStation(R)4「巨影都市」オープニングムービー


巨影都市 実機デモプレイ 冒頭から約17分

 

良かった所・面白かった所

knst.bn-ent.net

多くの版権キャラクター達が登場する。これにつきる。ウルトラマン、ゴジラ、モスラ、ガメラ、エヴァンゲリオン、パトレイバーなどが実際に街に登場した時、われわれ一般人はどうするのか、というのが基本コンセプト。

一般人視点で巨大なキャラクターたちを眺めるのは斬新で面白い。間近でウルトラマンが怪獣と戦ったり、エヴァが使徒と戦うのを見られるのはファンならたまらない。

 

 

悪かった所・不満点など

・巨影から逃げるというよりはヤクザから逃げるハメになる展開が多く、本来楽しみたかった楽しみ方ができない。あくまで巨影は「メイン」ではなく「オマケ」程度といった印象。

・PS4のソフトとは思えないほど処理落ちが酷い。PS2のソフト『絶体絶命都市』でも処理落ちがあったが、2017年にここまでカクつくとは思ってなかったのでかなり残念。

・メインストーリーの出来としてはかなり残念。ネタバレになるのであまり詳しくは書けないが、ストーリー重視でゲームを楽しみたいという人にとってはおすすめできません。

・オープンワールド感が強いゲームなのかと思いきや実際に行ける場所は限られているのが残念。

・カメラ視点が悪く酔う。

・死んだあとのロードが長い

・2周目の引き継ぎがほぼ無い

・ストーリーのボリューム不足、1日ガッツリ遊べばクリアできるほど

 

総評

ウルトラマン・エヴァンゲリオン・ゴジラ・ガメラ・パトレイバーなどが実際に登場し、街それを背景にハチャメチャな展開が続くというある意味で「お祭りゲーム」でもある『巨影都市』。主人公の視点は一般人ではあるものの、この有名キャラクターたちが一本のゲームに一堂に会するというのは特撮、アニメファンならかなりの胸熱モノ。

しかし、世界観の違うキャラクターたちが同じ世界に集まっている、というところでかなりストーリーに無理が生じているのもたしかでそれゆえに「ゲーム」としての完成度はそこまで高いものではないと感じた。

他評価でもあったが良い意味でも悪い意味でも「バカゲー」と呼ぶにふさわしく、頭をカラッポにして純粋に楽しめるゲームなのでオープニングムービーやデモプレイを観て気になったと思う人はぜひ。

 

PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7100BB01)

PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7100BB01)