ゲームメモ物置

ゲームプレイ攻略方法や感想レビュー・メモ メール osusumeosusume33@gmail.com

広告

PS4『カリギュラ オーバードーズ』感想レビュー【面白かった所・良かった所・つまらなかった所】

PS4ソフト『カリギュラ オーバードーズ』の感想レビュー。面白かった所、良かった所、つまらなかった所、不満点などのまとめ。

 


【Caligula Overdose/カリギュラ オーバードーズ】ティザートレーラー


PS4ゲーム「Caligula Overdose -カリギュラ オーバードーズ-」&TVアニメ「Caligula-カリギュラ-」最新レポート 生放送

 

面白かった所・良かった所

・沢城みゆき、赤羽根健治、長縄まりあなど人気声優がキャラボイスを務め、キャラ同士の掛け合いはかなり見もの。(フルボイスではない)それに比例するように人間の「業」や抱えている「闇」の部分を描ききったシナリオは流石の一言。「巧い」この言葉がかなりピッタリと当てはまるシナリオになっていて、何度もプレイして全容を紐解いていきたいと思わせられた。『ペルソナ』シリーズや『ダンガンロンパ』シリーズが好きな人ならかなり相性の良いゲームだと思った。

・PS Vita版のリメイクという位置づけの作品ではあるものの、新キャラクターやシナリオの追加、そしてゲーム開始時に性別を選べるようになるなど、前作プレイ済みのプレイヤーにとっても新しい風を吹き込んでくれている。(性別システムについては後述)

・BGMは好みがかなり分かれそうな楽曲が多数あり、文字通り「ハマれる人は際限なくハマれる」、。戦闘時にμ(ミュー)というバーチャルアイドルのキャラクターの楽曲が流れるのだが、本当に耳に残る。声優を務める上田麗奈の声力のすごさが伝わってくる仕上がりになっている。上田麗奈ファンはもちろんのこと、ボーカロイドの曲が好き、という人にもおすすめできる。

www.youtube.com

 

・戦闘面は他のRPGと比べると少し特殊なのだが、シミュレーションゲームのような戦略性もあり、仲間キャラとのコンボが決まったときの爽快感などアクションゲームのような要素も組み合わされていて慣れるとかなり新鮮で面白い。またオートプレイも可能なので飽きたら自動で動かしておくこともできるのはありがたい。

www.youtube.com

 

つまらなかった所・不満点

・リメイクということで、操作性は最新ゲームに比べると若干劣る部分がある。例えばロードやセーブ長さは一度他のゲームの快適さに慣れてしまうとストレスに感じるときがある。(しかも今時オートセーブじゃない)またグラフィック面も前時代的でカクつきもあるのでキツい。

・セリフが飛ばせないのでいちいち引っかかってテンポが悪く感じる。

・面白かった点でも書いたようにスタート時に主人公の性別が選べるのだが、女主人公にしてもバグなのか仕様なのか、まったく「女」主人公である意味がない。細かい部分を挙げればキリがないので割愛するが、ふつう女に「一緒にナンパ行こう」とは言わない。

・その他全体的な作り込みの甘さが気になった。Amazonのレビューなどを覗いてもらってもわかるが、テキストのサイズだとか、エラーフリーズの多さだとか、カメラワークの悪さであるとか。

 

 

総評

不満点でも書いたように、大筋の内容はとても良いのに「かゆいところに手が届かない」のは作りになっているのはかなり残念。ゲームシステムや、BGMなど賛否両論あれど個人的にかなり好みだったのでこれからのアップデートなどで少しでも改善されてほしいと思った。

面白かった点にもあるように、声優陣の演技の素晴らしさやシナリオの巧さ、個性溢れる楽曲、バトルシステムの新しさなど、魅力的な部分もたくさんあるので少しでも気になって予算と時間にも余裕がある、という人は一度プレイしてみてもらいたいゲーム。