ゲームメモ物置

ゲームプレイ攻略方法や感想レビュー・メモ メール osusumeosusume33@gmail.com

広告

PS4『グランクレスト戦記』感想レビュー【面白かった所・良かった所・つまらなかった所など】

PS4ソフト『グランクレスト戦記』の感想レビュー。面白かった所・良かった所・つまらなかった所・不満点などをまとめました。

 


PS4「グランクレスト戦記」第3弾プロモーション映像


PS4「グランクレスト戦記」第2弾プロモーション映像


明日発売! ゲーム『グランクレスト戦記』たっぷり見せますスペシャル!

 

ゲーム『グランクレスト』戦記とは

とにかく頭を使う複合型ゲーム

本作はタイトルどおりとにかく「頭を使うゲーム」だというファーストインプレッションを受けた。戦略シミュレーション、RPG、アクションこの3つのゲームジャンルの要素を備えたまさに“複合型ゲーム”と言える。

  1. 自分の領地を整備し、戦闘部隊を作り上げていく戦略シミュレーション
  2. キャラクターを成長させてストーリーを進めていくRPG
  3. キャラクターを操作して敵を倒していくアクション

この要素をしっかりと理解してできるかがこのゲームを楽しむための最大の「キモ」になっている。

 

 

面白かった所・良かった所

・とにかく「戦略」がモノを言うゲーム。リアルタイムで行動する仲間に細かく指示を与えたり、それぞれのキャラクターを操って戦場を駆け抜けたりと忙しいが、自分の思い通りに戦況が動いたときの爽快感は抜群。

・内政やダンジョン攻略、制圧などやれることがとにかく多い。ひとつひとつは専用のゲームに比べると小粒だが、テーマパークのようにプレイヤーを飽きさせない工夫が随所に感じられる。

・原作にはないオリジナル要素はしっかりと作り込まれている印象。ストーリーを進めるごとにテオと他のキャラクターが親密になれるイベントがあるのだが、原作ファンなら思わずニヤリとさせられるやりとりもあり、ファンならテキストだけでもかなり楽しめるはず。また、キャラとの信頼度によって戦闘面でも影響が出るのが良い。(スキルの解放など)

 

 

つまらなかった所・不満点

・「前文」で“複合型ゲーム”と書いたが、戦略シミュレーション、RPG、アクションそれぞれのクオリティは期待していたほどは高くない。100点満点として50点のジャンルが3つ組み合わさったといえばわかりやすいか。良くも悪くも「キャラゲー」の域を出なかったのが残念

・慣れるまでの敷居が高い。悪く言えばゴチャゴチャしたシステムや操作性のイマイチさも相まって原作好き以外には受け入れられにくい。

・戦闘時のグラフィックがPS2時代のものかと思えるほど稚拙、フレームレートの低さからかカクツキも目立つ。

 

 

総評

とにかく「人を選ぶゲーム」。無双シリーズや通常のRPGとのようにゴリ押しがしづらいのも気軽に遊べる雰囲気を排除している一因のひとつだと感じた。

逆に言えばしっかりとシステムを理解できさえすれば楽しめるゲームでもあるので、気になった人は一度無料の体験版を遊んでみるのもおすすめです。