ゲームメモ物置

ゲームプレイ攻略方法や感想レビュー・メモ メール osusumeosusume33@gmail.com

広告

Nintendo Switch『マリオテニスエース』感想レビュー【面白かった所・良かった所・つまらなかった所】

Nintendo Switchソフト『マリオテニスエース』の感想レビュー。面白かった所・良かった所・つまらなかった所などをまとめました。


マリオテニス エース 紹介映像

 

面白かった所・良かった所

 

・参戦キャラの豊富さ

今作の特徴といえばなんと言っても「オールスター」ともいうべきプレイアブルキャラクターの豊富さにある。現時点でも21人ものキャラクターを使うことができ、その数の多さに驚くのはもちろんだが一番衝撃を受けたのは「ワンワン」「ゲッソー」などが初参戦していることだ。特にワンワンに関してはそのビジュアルから参戦不可能と勝手に思っていただけに実際マリオテニスで映像を見ると本当に感動で身震いした。古参のマリオファンも新規のマリオファンも納得のメンバーといえる。

またストーリーモードに登場しているあとから明らかに追加されそうなキャラクターがいるのも焦らされてる感がたまらない。(カメックやブイブイなど)

 

マリオテニスエースプレイアブルキャラクター

オールラウンド=マリオ、ルイージ、デイジー

テクニック=ピーチ、キノピコ

パワー=クッパ、ワリオ、ドンキーコング、ガボン、ワンワン

ディフェンス=ワルイージ、クッパJr.

トリッキー=ロゼッタ、テレサ

スピード=ヨッシー、キノピオ

追加キャラクター=ノコノコ (スピード)、ゲッソー(トリッキー)、 ディディーコング(スピード) 、キャサリン(スピード) 、パタパタ(テクニック)


マリオテニス エース ゲッソー参戦

 

・テクニカルショットが面白い

今作ではゲージを溜めることで「テクニカルショット」というスーパープレイを連発できるシステムがあるのだがこれが中々面白い。狙った所にピンポイントでショットを打てる「ねらいうち」、相手のラケットを破壊するパワーショット「ラケット破壊」、どんな場所にも移動できる「加速」、ラケットへのダメージを防ぐ「ブロック」とこれらをどこまでうまく使い分けられるかが試合に勝てる鍵になる。

慣れるまでは大変だが、思い通りにプレイできた時の気持ち良さは脳汁もの。

 

・スペシャルショットがどのキャラクターも派手で見ていて楽しい。


[マリオテニスエース]全キャラ スペシャルショット集![必殺技集]

 

 

つまらなかった所・不満点など

・オンラインプレイありきのソフト

とにかく今作は「オンラインプレイ」を楽しめるかどうかでゲーム自体の評価がかなり分かれる作品になっている。というのも一人で遊べる範囲では、ストーリーモードやフリーマッチなど本当に必要最低限の内容しか収録されていない(これは対戦ゲームすべてに言えることでもあるが)トレーニングモードや、壁打ちなどのミニゲームすらないのはどうかと思った。

 

・テクニカルショットに面食らう

良点でも書いたように、今作はゲージを溜めることで「テクニカルショット」というスーパープレイを簡単に使うことができるのだが、純粋にテニスゲームとして見るとゴチャゴチャして遊びづらく感じることがある。初代マリオテニスのようなゲーム性を期待しているとかなり肩透かしを食らうので注意。特にラケット破壊された時点で試合が終了するのは意味不明。

 

・とにかくストーリーが微妙

これならトレーニングモードでいい。その割に難易度は地味に高いのが鼻につく。

 

 

総評

テクニカルショットやスペシャルショットなど初代マリオテニスを遊んでいて今作を買ってみようかなというファンにはかなり戸惑うことも多いであろう今作。単純に「テニスゲーム」として見るよりもマリオキャラクターが「テニス」という競技のなかでド派手な戦いを繰り広げる「格闘ゲーム」として捉えたほうがより楽しめるゲームだと感じた。

ゲーム性に慣れて自分の好きなキャラクターを使いこなせるようになった時の爽快感は本当に最高なので、気になった人はぜひ遊んでみてほしい。