ゲームメモ物置

ゲームプレイ攻略方法や感想レビュー・メモ メール osusumeosusume33@gmail.com

広告

PS4『ナルト シノビストライカー』感想レビューまとめ【面白かった所、つまらなかった所など】

PS4ソフト『ナルト シノビストライカー』感想レビュー。良かった所・面白かった所、つまらなかった所、不満点などをまとめました。

 


PS4「NARUTO TO BORUTO シノビストライカー」PV~8月30日(木)開戦!編~

 

面白かった所、良かった所

「NARUTO」の世界観をリアルにゲームに落とし込んでいる点はさすが。特に「ナルティメットヒーロー」のような単純な格闘ゲームではなく、忍者らしい「陣取り合戦」というのがより原作の世界観を踏襲しているのでファンにはたまらない。

4人でチームを組んで戦ういわゆる「フォーマンセル」はNARUTOならではのシステムでそれぞれのキャラクターの特徴をいかして自分の役割を遂行しながら任務をこなしていくというのは「忍者」という職業を追体験していると言っても過言ではない。

既存キャラはもちろんのこと、今作『シノビストライカー』の魅力はなんと言っても自分の分身(アバター)忍者を作成できるという点にある。

グラフィックはもちろん、4つの忍術タイプから一つを選択して自分だけのオリジナルキャラクターを作ることができるのはかなり胸熱。

攻撃力とスピードで相手をどんどん攻めていく「攻の型(ナルト、ロック・リーなど)」、飛び道具や忍術で相手を遠距離から崩していく「射の型(サスケ、シカマルなど)、高い体力でチームの壁となり協力な一撃必殺を与える「守の型(チョウジなど)」、サポート役で唯一医療忍術を使うことのできるチームの心臓「癒の型(サクラ、ヒナタなど)」

ここから自分のプレイスタイルにあった型を選んで、その中で自分の好きなように忍術をカスタマイズして最強の忍者を育てていくというのが『ナルト シノビストライカー』の最大の魅力。


【NARUTO TO BORUTO シノビストライカー】新しく使えるようになった忍術がマジ強い!Sランク無双プレイ!【PS4:体験版】

 

 

 

つまらなかった所、不満点

・オンライン専用ゲームと謳ってるとおり、オフラインの要素はかなり微妙。ストーリー要素も一応あることにあるのだが、かなり薄味でネット環境がないプレイヤーにとってはほぼ意味をなさないゲームでもある。ここは自分のゲーム環境で評価がかなりわかれる点でもある。

・アクション性については操作は少し難しめという印象を受けた。格闘ゲームに慣れてないプレイヤーは苦戦するイメージ。

・使える忍術や忍具は多いのだが、意外と演出面は単調だなという印象もあった。下位互換、上位互換の忍術で使い回しが多く、性能にかなりの差があるので使わない忍術はいっさい使われないというゲームバランスの悪さも気になった。

 

『無限ロード』バグについて 

・多数の報告がされているロードが終わらないバグ通称『無限ロード』につちえだが、実際のところ、もちろんゲーム自体の不具合ということもあるのだが、自宅のネット環境にも大きく依存しているところがあって光以下、例えばポケットWi-Fiのような低速回線を使用しているところでこのバグが報告されている件数が多いので、一概には言えない部分でもある。

どちらにせよ大きい負荷のかかるオンライン専用ゲームなので光回線推奨のゲームであることは間違いない。

 

総評 

システムとしてはかなり面白く、既存キャラだけでなく自分のオリジナルキャラクターを自由に育てられるというのはかなり面白い要素だと感じた。「この忍術とこの忍術組み合わせたら最強じゃね?」という原作ファンなら誰もが思い描くことを実際に実現できるというのは本当に嬉しい。

ロードバグやゲームバランスの悪さなど調整すべき点はいくつか見受けられたが、原作ファンで育成ゲーム、アクションゲーム好きならかなりハマれる作品だと感じた。

※ロードバグが気になる人は改善されてから購入するのがおすすめ。

 

 

PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB

PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB