ゲームメモ物置

ゲームプレイ攻略方法や感想レビュー・メモ メール osusumeosusume33@gmail.com

広告

PS4『地球防衛軍IR(EARTH DEFENSE FORCE:IRON RAIN)』感想レビューまとめ【面白かった所、つまらなかった所、不満点など】

PS4ソフト『地球防衛軍IR(EARTH DEFENSE FORCE:IRON RAIN)』の感想レビュー。面白かった所、良かった所、つまらなかった所、不満点などをまとめました。

 

公式トレーラー動画


EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN 3rdトレーラー


EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN 4thトレーラー

『地球防衛軍IR(EARTH DEFENSE FORCE:IRON RAIN)』面白かった所、良かった所

・本家『地球防衛軍』とは良くも悪くも「別ゲー」だと言い切っていい作品。美麗なグラフィックと敵の種類の多さ、そしてヒリヒリするような任務の難しさはより「リアル」な地球防衛を体験できるゲームに仕上がっている。まさに本当の意味での「戦争」を強いられているかのような感覚に陥る。

・かなり繊細な操作と、頭を使うゲームで、武器が強いからといって脳死でなにも考えずに突っ込んでいくと簡単に死ねる。敵も見た目どおりの気持ち悪さと凶悪さを兼ね備えていて、良い意味でかなり「絶望感」がある。どんなゲームも慣れてくると巨大なモンスターも簡単に倒せる、というのがデフォルトになっている最近のゲームにおいてここまで緊張感を味わえる作品はそうそうないのではないかと思った。

 

『地球防衛軍IR(EARTH DEFENSE FORCE:IRON RAIN)』つまらなかった所、不満点

・前述したとおり敵はかなり攻撃力も高く耐久性も従来の「地球防衛軍」と比べてもかなり硬い。そのため「爽快感たっぷりに敵を蹴散らす」というよりはジワジワと敵を削っていくようなプレイが求められるため、ゲームとしての爽快感に欠ける出来になってしまったのは残念。このあたりのバランスはもう少しうまくできるのではないかと思った。

・また繊細な操作が要求される今作において致命的なのは「細かいところに手が届かない」ことの多さ。カメラワークの悪さやダウン時の起き上がりのシビアさなど、ちょっとした操作へのストレスがかなりかかるので敵のいわゆる「ハメ殺し」が多くゲームの面白さを感じる前にイライラが買ってしまうプレイヤーも多いのではないだろうか。

 

総評

これまでの『地球防衛軍』とか良くも悪くも一線を画する出来になっている今作。やりたいことへの意欲は伝わるし、かなり可能性は感じるゲームではあるのだが、いかんせん時間がなかったのかデバック不足に感じるところも多々あり、非常に「惜しい」ゲームだと感じた。

それでもこれからのアップデートしだいでは細かいバグや、シビアな面も改善されると思うので、一度プレイして損はない作品だと思った。

 

【PS4】EARTH DEFENSE FORCE:IRON RAIN

【PS4】EARTH DEFENSE FORCE:IRON RAIN