ゲームメモ物置

ゲームプレイ攻略方法や感想レビュー・メモ メール osusumeosusume33@gmail.com

広告

Nintendo Switch『ファイアーエムブレム風花雪月』感想レビューまとめ【面白かったところ、つまらなかったところ、不満点など】

 Nintendo Switch『ファイアーエムブレム風花雪月』感想レビュー。面白かったところ、良かったところ、つまらなかったところ、不満点などをまとめました。

 

『ファイアーエムブレム風花雪月』面白かったところ、良かったところ

ストーリーの面白さが歴代最高

FEならではの戦略シミュレーションゲームの面白さはもちろんのこと、特に今作は「ストーリー」の完成度が群を抜いている。士官学校編と戦争編の2つのメインストーリーがあるのだが、どちらも独立したゲームとしてかなり素晴らしい出来栄えになっている 。

士官学校編の自由度(選んだ学校によってルートが変化するシステムは斬新)と、戦争編の難易度のバランスの絶妙さ、やりこみ要素の多さなどかなり楽しみが盛り込まれていて、100時間プレイも難なくできそうなほど没入感がある。

 

戦闘面、育成面も絶妙な緊張感が面白い

新キャラや新しい敵など、戦闘の幅がかなり広がった今作、追加戦闘技能として騎士団、計略などの新要素もかなり頭を使う場面が多く、一筋縄ではいかないヒリつくような感覚がかなり面白い。

育成面でクラスチェンジ回数が多く、最上級職にまでクラスチェンジために技能レベルの設定を細かく調節したりとかなりやりごたえがある。

 

グラフィックの美しさが神

倉花千夏先生の描くグラフィックは美麗かつ温かみがあり、キャラクターたちにたしかな「息吹」を感じさせてくれる。誰でも親しみの持てるグラフィックはさすがの一言。

ムービーもかなり力が入っていて普通にアニメを見ているような感覚になる。テーマソングのCaroが歌う『フレスベルグの少女 〜風花雪月〜』がかなり良い。

フレスベルグの少女~風花雪月~ (初回限定盤) (CD+DVD)

フレスベルグの少女~風花雪月~ (初回限定盤) (CD+DVD)

 

 

 

『ファイアーエムブレム風花雪月』つまらなかったところ、不満点

士官学校編での会話パートは選択肢が細かく出ることで少しテンポを悪くしているような印象を受けた。しかも面倒なのが、会話パートはスタートボタンで飛ばすと、選択肢自体もスキップされてしまい好感度上昇がなくなるのは要改善。学園パートに関してはイメージは『ペルソナシリーズ』に近い。

また、それに伴って序盤はほとんど戦闘がないのでそこで飽きてしまう可能性もある。他レビューで見かけた「ファイアーエムブレムがやりたくて買ってみたらガンパレードマーチだった」という例えがとてもしっくりきた。

また、毎回ローディングに時間がかかってストレスがたまるのもマイナス。