ゲームメモ物置

ゲームプレイ攻略方法や感想レビュー・メモ メール osusumeosusume33@gmail.com

広告

Nintendo Switch『スーパーマリオオデッセイ』感想とレビューまとめ【面白かった・良かった点、悪かった・不満点】

10月27日発売のNintendo Switchソフト『スーパーマリオオデッセイ』の感想レビュー面白かった・良かった点、悪かった・不満点などをまとめた。

 


ゲームセンターDX 「スーパーマリオ オデッセイ」

 

面白かった・良かった点

・スーパーマリオ64を踏襲した完璧なアクション

3Dマリオのゲームは「スーパーマリオサンシャイン」など数多くの作品が発売されているが、代表作と言えばニンテンドー64で発売された『スーパーマリオ64』を思い浮かべるプレイヤーも多いが、この「スーパーマリオオデッセイ」、サンシャインで完成されつつあるアクションの良さを継ぎつつ、「スーパーマリオ64」しかプレイしたことのないプレイヤーも違和感なくマリオの世界に入り込めるようにかなり細部まで練り込まれたアクション性が再現されている。

f:id:ikdhkr:20171101212748j:plain

f:id:ikdhkr:20171101212832j:plain

バック宙、走り幅跳び、ヒップドロップ、ボディアタックやヒップドロップジャンプ、横宙返り、3段跳び、壁キックなど多彩なアクションが用意されていてどれも動きはわれわれが思い描いたマリオの動きそのもの。

さらに、今作から追加された新アクション『帽子アクション』がさらにゲームをティングクトゥ(色づけて)いく。

 

f:id:ikdhkr:20171101213124j:plain

 

今作はマリオの相棒でもある帽子の「キャッピー」を使うのがこのゲームの大きな要素となっている。なかでも帽子を敵に投げつけることでその敵の姿に変身し、その能力を使うことのできる「キャプチャー」という能力がカギだ。

f:id:ikdhkr:20171101213420j:plain

 

クリボーやワンワン、キラーなどのおなじみのクッパ軍団の姿に変身して様々な難所を突破したり、カエルや恐竜、また敵のボスが使う武器にまで変身することができる。マリオシリーズで敵キャラを使って冒険できるのはかなりテンションが(マリオカートのノコノコ、マリオRPGのクッパなど)上がる要素のひとつだったのでこのシステムは本当に面白い。

 

・BGMが良い

今作のもうひとつの魅力と言えば音楽だろう。本当に本当に「良い」としか表現できないほど良いBGMが随所に組み込まれている。おなじみのマリオミュージックのアレンジや、そのまま作品としてリリースできそうなアレンジの曲が多く、プレイするたびに耳と心を鷲掴みにされる。

 

・グラフィックはリリースされたNintendo Switchのゲームのなかでも屈指

映画のような街並みをマリオが駆け抜けていくさまは圧巻。アクションでのラグもほとんど泣なくノンストレスで楽しむことができる

 

・見る楽しさもある傑作

プレイしている人だkでなく、周りで見ている人すら楽しくなる、むかし友達の家でコントローラーを交代交代しながらマリオを遊んだ記憶がよみがえる。

 

 

 

悪かった・不満点など

・難易度としてはそこまで高くない、良くも悪くも前世代に向けられた作品なのでスリルある冒険を期待している人は注意

 

 

総評

今までのマリオシリーズ、いや任天堂の集大成とも言える今作「スーパーマリオオデッセイ」。先にリリースされていた良作「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」のオープンワールドの世界をうまくマリオに落とし込み、古き良きマリオの誰にでも遊べる手軽さ、親しみやすいキャラクターなど、任天堂の魅力をこれでもかというくらいに詰め込んだ、今年一番のゲームだと言える。読んでもらってわかるように「悪かった点や不満点」は自分がプレイしたなかではほとんどなかった。

このためだけにNintendo Switchを購入しても絶対に損はないと言いきれるくらいに面白い作品。ぜひ一度プレイしてみてほしいです。