ゲームメモ物置

ゲームプレイ攻略方法や感想レビュー・メモ メール osusumeosusume33@gmail.com

広告

PS4『Fallout 76』感想レビュー【面白かった所、つまらなかった所、不満点など】

PS4ソフト『Fallout 76』の感想レビュー。面白かった所、つまらなかった所、不満点などをまとめました。

 


Fallout 76 – ティザートレーラー


Fallout 76 – オフィシャルE3トレーラー

 

『Fallout 76』面白かったところ、良かったところ

今までとはシステムを一新しオンラインマルチ専用ゲームになった今作。世界中のプレイヤーやゲーム仲間と同じ目的のミッションを共闘しながらクリアしていくという仕様は、一人でゲームに没入したいというプレイヤーにとっては賛否もあるが、個人的にはそこまで悪くないと感じた。元々、Falloutというゲームの特性上、誰か仲間と一緒にプレイするということへの親和性は高いだろうと感じていたので、外伝的な位置づけのゲームとしては成功だったのではないかと思う。

・PVPに関しては本作の性質上「共闘」に対するメリットというのはかなり大きいので、悪質なプレイヤーが現れにくいというものがあるので、数あるオンラインゲームの中でもかなり平和的に遊べる部類のだと感じた。

・「サバイバルゲーム」という位置づけに関しても水、食料の確保などは少々面倒な部分もあるがかなりリアルに忠実で面白いと感じた。拠点づくりに関してもほぼどこにでも建てることができ、自由度もなかなか高めなので、個人的にはすごく楽しい。

 

 

『Fallout 76』つまらなかったところ、不満点

・オンラインゲームの宿命でもあるラグに関してはかなり重たい部類に入る。街中やプレイヤーがかなり密集している場面ではカクつきがひどくまともに攻撃が当たらない、という場面があった。

・良点でも書いたようにロールプリエングの要素を一切排除したのはやはり賛否両論があると思った。NPCが一人も登場せず、一人プレイが現状ほぼ不可能になっているのは、元々あったこのゲームの良さを消してしまう部分もあるのが残念だった。そのためストーリー部分に厚みがなく、いわゆる「お使いゲーム」の域を出ない印象を受けた。

 

 

総評

このゲームは周り(近くに)に『Fallout 76』を一緒に遊べるゲーム仲間や友達がいるかどうかでかなり評価が分かれるゲームだと感じた。今までの『Fallout』に魅力を感じていた人にとっては拍子抜けする、期待はずれになる部分はたしかにあるし、居甘mでの古参ユーザーを置いてけぼりにしている感は否めないが、「ゲームは友達と一緒にワイワイやりたい」という人にとってはかなり魅力的な作品だと感じた。

 

 

Fallout 76 Tricentennial Edition (トライセンテニアルエディション) 【CEROレーティング「Z」】 - PS4

Fallout 76 Tricentennial Edition (トライセンテニアルエディション) 【CEROレーティング「Z」】 - PS4