ゲームメモ物置

ゲームプレイ攻略方法や感想レビュー・メモ メール osusumeosusume33@gmail.com

広告

PS4『龍が如く7 光と闇の行方』感想レビューまとめ【面白かった所、つまらなかった所、不満点など】

PS4ソフト『龍が如く7 光と闇の行方』の感想レビュー。面白かった所、良かった所、つまらなかった所、不満点などをまとめました。

 

公式トレーラー動画


PS4専用ソフト『龍が如く7 光と闇の行方』最新ゲームトレイラー

 

 

『龍が如く7 光と闇の行方』面白かった所、良かった所

 ・主人公の交代でかなり懸念はあったのだが、フタを開けてみると桐生一馬に比べメッチャクチャな主人公・春日一番の行動や言動は最初こそ受け入れられない部分もあったが、その真っ直ぐで純粋な性格は今回のストーリーや龍が如くという世界観にかなりマッチしていて、物語を進めるごとにどんどん感情移入ができた。

ネタバレになるので細かい明言は避けるが、ストーリーとしては近年の龍が如くシリーズの中でもトップクラスに良いものに仕上がっているのではないかと感じた。

 

・新たに登場したキャラクターたちも良い味が出ていて、バラエティに富んだ個性豊かな面々で飽きることがなかった。堤真一、中井貴一、安田顕など実際の俳優たちも数多く出演していたが、どの役者の演技もかなりクオリティで映画やドラマを見ているような感覚にさせられるのは「さすが」の一言。

 

・やりこみ要素の多さは近年でも屈指の数で一生かかっても遊びきれないのではないかと思うほど。特に目を見張ったのは「パチスロ」の完全移植でアナザーゴッドハーデスや、ミリオンゴッド、蒼天の拳、獣王などの人気機種が完全再現されているのはスロッターにとってかなりありがたい。特にゴッドやハーデスはもう店からも撤去されつつあるので、実質アプリを除いてリアルに近い感覚で打てるのはこのゲームを買うしかない。それだけでもかなりの価値があると感じた。

 

・ゲームシステムは不満点で述べたように褒められたものでhなあきが、HP・MPの概念や装備品の重要さ、パーティを組む楽しさなど、「システム」としてはある程度龍が如くの世界観にうまく落とし込めているなと感じた。

特に金を払って協力な助っ人を呼ぶ「デリバリーヘルプ」は歴代のキャラクターたちや良い意味でも悪い意味でも気が狂っている設定が多く、色んな意味で頭を抱える出来になっている。


【龍が如く7】全デリバリーヘルプ集(召喚獣)【Yakuza 7】

 

・新ロケーションの伊勢佐木異人町は過去最大級といえるほど広大で、プレイスポットやサブストーリーの数もかなりのものなので単純に街を散策しているだけでもかなり楽しめる。

 

 

『龍が如く7 光と闇の行方』つまらなかった所、不満点

 ・正直ゲームシステムに関しては今作でヤメにしたほうがいいのではないか、と思った。あの爽快感あふれるアクションこそが『龍が如く』シリーズの最大の特徴であり、魅力だったはずなのに、コマンドバトル性にしたことでその爽快感やテンポ感などがかなり悪くなり、魅力の「戦闘」が「蛇足」になってしまったのはガッカリ。ストーリーを進めたいのに、戦闘のせいで進めるのが面倒臭くなってしまうのはゲームとして本末転倒だと思った。とにかくザコ敵が面倒すぎる。

・ドラゴンクエストを踏襲したような職業システムも正直なところ意味がわからず、パロディネタの域を出ないクオリティ。コメディとしてもお世辞にも「面白い」とは言えず微妙なできになっているし、それぞれの能力を上げたり、スキルを覚えさせたりするのもかなり面倒。兎にも角にもドラクエに寄せすぎているのが悪手。

・ほかにも様々なゲームや作品のパロディと思わしきものを模した要素が満載でそのどれもが「劣化コピー」としか思えない出来。コメディに振るのか、シリアスに振るのか、それくらいはハッキリしてほしかった。

 

 

総評

「ガワ」はまったく違うゲームになってしまった龍が如く7だが、寄り道の楽しさやメチャクチャだが涙腺に触れるストーリーなど良い部分はたしかにあると感じた。

ただ、従来のバトルシステムや主人公・桐生一馬が大好きだった人にとってはかなりガッカリに感じるのは否めない。

ただ、良点でも挙げたようにプレイスポットのスロットはパチスロ好きの人にとっては最高の実機シミュレーターになっているのでぜひ購入して手触りを確認してもらいたい。

 

龍が如く7 光と闇の行方 【Amazon.co.jp限定】特別衣装DLC「桐生一馬 龍が如く0 ver. 」(春日一番) 配信 - PS4

龍が如く7 光と闇の行方 【Amazon.co.jp限定】特別衣装DLC「桐生一馬 龍が如く0 ver. 」(春日一番) 配信 - PS4

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: セガゲームス
  • 発売日: 2020/01/16
  • メディア: Video Game