ゲームメモ物置

ゲームプレイ攻略方法や感想レビュー・メモ メール osusumeosusume33@gmail.com

広告

PS4ソフト『聖剣伝説3 トライアルズ オブ マナ 』感想レビューまとめ【面白かった所・つまらなかった所・不満点など】

PS4ソフト『聖剣伝説3 トライアルズ オブ マナ』の感想レビュー。面白かった所、良かった所、つまらなかった所、不満点などをまとめました。

 

『聖剣伝説3 トライアルズ オブ マナ』面白かった所、良かった所

スーファミ版の雰囲気はそのままにグラフィック、BGM、システムなどが正当進化した意欲作。

キャラクターボイスが追加され、イベント時はちゃんとフルボイスで進行される手抜きのなさ、一部だけテキストになったりすることなくしっかりと話が進むのでスーファミ版ではサラッと終わった部分もしっかりと追体験でき、

 

・クラスチェンジは建材でちゃんと見た目も大きく変化するのも原作どおり。クラスは光・闇によって異なり、クラスチェンジごとに上級職も用意されているので何回もやり込むポイントのひとうになっている。

・ボス戦の歯ごたえが原作以上。敵のギミックも多く追加され、頭を使ってボスを攻略する楽しさが増した。

・ショートカット登録がものすごく便利。4つまで技やアイテムの登録が可能。また、対象キャラに切り替えなくても、十字下ボタンで特技リストを呼び出すことでその状態でR2かL2を押す事で仲間のリストに切り替わるので技の使用命令を出せる。

・AIが優秀で「一緒に戦ってる感」がとても高い。ピンチな時はHP回復をしっかり使ってくれるし、通常時も攻撃をしっかりと行ってくれる。

・リメイク版から「アビリティの習得」が追加されている。育成ボードに一定のポイントを振ることで、キャラごとにそれぞれアビリティを習得させることができ様々なパッシブ効果が得られる。そのためスーファミ版よりも育成の幅が広がり自分だけのビルドを形成することがデキるのはとても楽しい。

 

・クリア後の新たなエピソードや強くてニューゲームなどのやりこみ要素が追加されたのもありがたい。周回が楽しいのがこの作品の強みのひとつだったのでかなり嬉しい

 

・難易度がハードからベリーイージーまで選べるのではじめてプレイする人はもちろんスーファミ版で慣れているプレイヤーもしっかりと楽しめる

 

・スーファミ版よりも圧倒的にレベルが上がりやすく、レベル上げのためにザコ敵を掃除する手間がほぼない。

 

 

『聖剣伝説3 トライアルズ オブ マナ』つまらなかった所、不満点

・グラフィックは現在のゲームからすればそこまで高いとはいえず、同時期に発売されたFF7リメイクとは雲泥の差。雰囲気は違うのでどちらが良いとは一概に言えないが、今のゲームに慣れている人は物足りなく感じる部分はあるかも。

 

・良くも悪くも「正当進化のリメイク」。いちおう「アクションRPG」の要素はあるが、あくまでも「RPGにアクションの要素が少し足されただけ」。魔法とアイテム使用以外は基本的に通常攻撃と、強攻撃、回避、ジャンプ、長押しでタメ攻撃とアクション要素は少ない。そのためキャラが強くなればなるほど通常の戦闘が単調になりダルく感じてしまうのは残念(スーファミ自体からのものなので仕方ない部分はある)

 

・人それぞれ好みはあるがフルボイスにしたことでキャラと声に違和感があると入り込めない。(個人的にはデュラン、ケヴィンはキツかった)

 

 

総評

冒頭でも書いたようにリメイクとしては圧倒的な「正統派進化」。スーファミ版で一度プレイしたことのあるプレイヤーにとっては懐かしくも新しく感じる場面が多数あると感じました。

スーファミ世代、オーバー30以上の人にはぜひプレイしてあの頃を思い出してほしいと思う。★5