ゲームメモ物置

ゲームプレイ攻略方法や感想レビュー・メモ メール osusumeosusume33@gmail.com

広告

Nintendo Switch『世界のアソビ大全』感想レビューまとめ【面白かった所、つまらなかった所、不満点など】

6月5日発売のNintendo Switchソフト『世界のアソビ大全』感想レビュー。面白かった所、良かった所、つまらなかった所、不満点などをまとめました。

 


世界のアソビ大全51 紹介映像

 

『世界のアソビ大全』面白かった所、良かった所

今作の特徴はなんといってもその「収録ゲーム数」の多さ。51種類もののミニゲーム、ボードゲーム、カードゲームを楽しむことができ、これ一本あればミニゲーム系のソフトは「買わなくてもいい」と言い切れるほどのボリューム。

収録ゲーム一覧

 

これだけのゲームが手軽に、誰とでも楽しめるのはまさに「テレビゲーム」の醍醐味を凝縮したような作品になっているのではないだろうか。オンライン対戦もタイムラグがほとんどなくサクサクどんどん遊んでいけるのでノンストレス。

フィギュア的なマスコット達が各ゲームの遊び方を面白おかしく教えてくれるので子供にも安心、大人、子供問わず遊べるまさに「全員に優しいゲーム」

値段も、4,000円を切るプライスでかなりコストパフォーマンスがいい。ストーリーやクリアの概念がないのでいつでも気軽に気が向いたときに遊べるのは「やりこみ」「クリア」ありきのゲームばかりの作品が多い現代においてとても息抜きになる。

 

 

『世界のアソビ大全』つまらなかった所、不満点

よくも悪くもスマホやパソコンがあれば「無料で遊べるゲーム」が詰まっただけの作品。スマホなどと違い広告が出なく、UIも優秀で細かいストレスがないのはいいが、「3,980円」という値段を高いととるか、安いととるかはかなり人によるところ。

 

「世界のアソビ大全」の名前どおり普段触れてこなかったゲームを遊べるのはいいのだが、51種類も入っているわりにダウトやババ抜き、UNOなどが収録されておらず、なマイナーゲームが収録されていないのも賛否両論な点だと思った。一部かなりクオリティが低く一度やればもう二度とやらないゲームなどもあり、残念。

モノポリーなどがあればなお良かった。

 

また、オンライン対戦で一部マナーの悪い人がいるのは仕方ないが、こんなゲームにまで切断厨がいるのかと呆れてしまった。

 

 

総評

「ちょっとした暇つぶし」にはこれ以上のソフトはないだろうと思うほど十分なボリュームと面白さでついつい遊んでしまう『世界のアソビ大全』。

子供に今どきのゲームはあまり遊ばせたくないけど、、、と思っている親にもかなりおすすめ。家族みんなで楽しめる、まさに「ゲーム」の象徴的作品だと思った。

 

Nintendo Switch Lite グレー

Nintendo Switch Lite グレー

  • 発売日: 2019/09/20
  • メディア: Video Game