ゲームメモ物置

ゲームプレイ攻略方法や感想レビュー・メモ メール osusumeosusume33@gmail.com

広告

PS4『ザンキゼロ』感想レビュー【面白かった所・良かった所、つまらなかった所・不満点など】

PS4ソフト『ザンキゼロ』の感想レビュー。面白かった所・良かった所、つまらなかった所・不満点などをまとめました。


PS4/PS Vita『ザンキゼロ』ゲーム紹介映像

 

面白かった所・良かった所

・「ダンガンロンパ」シリーズの開発スタッフが手がけた新作ということもありそれらに匹敵するほどストーリーが濃厚で難解。キャラのセリフひとつひとつに「伏線が隠されているのではないか?」と思ってしまうくらいにいわゆる「匂わせ方」が絶妙でそれらを追って推理しているだけでもかなり面白い。「ダンガンロンパ」シリーズでもさんざん描かれてきた人(にん)と人、業や欲、人間という生き物の汚い部分、綺麗な部分をこれでもかというほど見せつけられる。

 

・グラフィックにオイてはダンガンロンパとそう大差はないが、街の背景などの作り込みは「さすが」の一言。リアルなほどリアルな背景のグラフィックも相まってよりいっそう「探索」「推理」を面白いものとしてくれている。

 

・ゲームシステムとして「死」というものが他のゲームの概念のそれとは全く違う概念になっているというのがとてもおもしろい。「死ぬ」ことによって生前の原因をしの耐性として持って生き返ることができるというのは新鮮。※毒で死ぬことで生き返るとその毒の耐性がつく、など。【俺の屍を越えてゆけ】に近いものがあるかも。

 

・戦闘システムは「ノンストップシームレスマスバトル」と名付けさせてほしい。基本的にはリアルタイム制の戦闘なのだが敵が近づくとすぐさま攻撃をしかけてくる、それを避けつつ攻撃をするという、説明してもわかりづらいので動画で確認してみてほしい。最初こそかなり戸惑ったが慣れるとかなり新鮮で革新的。

 

・相変わらずの声優陣の豪華さ。「よく集めたな」の一言で声を聞いているだけで変な笑いが出る。

『ザンキゼロ』声優陣

豊永利行 「怠惰」の編集者 日暮 ハルト

関俊彦 「嫉妬」の芸術家 三花締 リョウ

斎賀みつき 「憤怒」の農家 玖保田 ゼン

平田広明 「強欲」の医者 一葉 マモル

松風雅也 一葉 マモル/幼年期

佳村はるか 「色欲」の花屋 芒野 リンコ

竹達彩奈 「暴食」のお嬢様 真白 ユマ

立花理香 「傲慢」の警察官 瀬戸内 ミナモ

鈴木愛奈 「原罪」の少女 比良坂 サチカ

中尾隆聖 マスコットキャラクター テラシマ ショウ

野沢雅子 マスコットキャラクター ミライ

 

つまらなかった所・不満点

・これだけテキストに力を入れているなら是非フルボイスで収録してほしかったと思ってしまう。

・逆に新鮮な戦闘システムはそれにナレてしまうと単調に感じてしまい、「戦闘はどうでもいいからはやくストーリー進めさせろ」となってしまうのはRPGととしては残念。もっと面白くなる可能性を秘めているシステムではあるので次回作に期待したい。

・「ダンガンロンパ」シリーズをよく知っている人なら察していると思うがキツいシモネタ、パロディネタは良くも悪くも相変わらず盛りだくさんなので、それらが苦手だという人は注意。グロ描写もやや多め。

 

ザンキゼロすごい面白いんだけど、何が面白いってゲーム面がかなり練られてて一筋縄ではいかなくて色んな事気にしながらやらないとサクサクいかなくて「サバイバルしてるぅーー!!」って実感できるところなんだけど、逆に言うとストーリーをストレスレスに見たい・ゲームは爽快感って人は厳しいかも

— さっこ (@sakoronpa) 2018年7月5日

>

 

総評

製作元がスパチュン(スパイク・チュンソフト)というだけあってかなりクセの強いゲームに仕上がっている『ザンキゼロ』。ダンガンロンパシリーズを楽しめていた人であれば確実に楽しめるゲームになっているし、逆に言えばあのノリがキツいという人には手放しでオススメできないゲームでもある。

良くも悪くも一度プレイしたら忘れられないゲームになると思うので気になった方はぜひ。

 

 

PlayStation 4 Days of Play Limited Edition

PlayStation 4 Days of Play Limited Edition