ゲームメモ物置

ゲームプレイ攻略方法や感想レビュー・メモ メール osusumeosusume33@gmail.com

広告

Nintendo Switch『大乱闘スマッシュブラザーズスペシャル(スマブラSP)』感想レビュー【面白かった所、つまらなかった所、不満点など】

12月7日発売のNintendo Switchソフト『大乱闘スマッシュブラザーズスペシャル』の感想レビュー。面白かった所、つまらなかった所、不満点などをまとめました。


大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL 紹介映像

 

『大乱闘スマッシュブラザーズスペシャル』面白かった所、良かった所

・総勢70名を超えるプレイアブルキャラクターはまさに圧巻。マリオ、ドンキーコング、星のカービィ、ポケットモンスターといった任天堂のキャラクターだけではなく、メーカーの垣根を超えた幅広いキャラクターが使えるのはすべてのゲームファンにとって夢のよう。ストリートファイターシリーズからリュウ、メタルギアソリッドからスネーク、ロックマンシリーズからロックマン、ファイナルファンタジーシリーズからクラウド、などなど、もはやなんのゲームかわからなくなるほど幅広いソフトからキャラクターが集結している。おそるべきは、そのプレイアブルキャラクターのどれもが「使える」レベルでまとまっているということで、本当に制作陣の努力の賜物だと感じた。

一部、現時点で「強キャラ」「弱キャラ」認定されているキャラクターはいるが、どのキャラクターも極めれば最強になる可能性があるのは本当に格闘ゲームとしてもレベルの高い作品だと言える。

 

・ゲームスピードもWill Uのときよりも大幅に向上し、DXのときのゲームスピードをさらに向上し、防御回避ゲームであった昨今のスマブラから、攻撃が強いゲームへと進化している。それによってマッチ対戦がかなりサクサクと進むようになって中だるみ気味だったタイマンの対人戦などにメリハリができたのはかなりの進化点。

 

・ただタイマン戦ならともかく大乱闘であれば、アイテムや地の利、ギミック、サポートキャラクター、切り札などを使えばいわゆるガチ勢、だけでなく初心者や子供でもじゅうぶん勝利できる要素があるのはさすが任天堂、さすがスマッシュブラザーズだと感じた。家族や友達、誰とでも楽しくでるゲームの決定版といえる。

 

・新たなシステムとして誕生した「スピリッツ」は今までのスマブラに「育成」という要素を加えてまったく新しいゲームへと生まれ変わっている。もちろん従来のスマブラの良さは継承しつつ、新たな可能性を感じさせられる要素のひとつとなっている。※1000を超えるスピリッツキャラクターを育てることでプレイアブルキャラクターの能力を高めていくというもの。

 

・BGM。とにかくBGMが素晴らしい。参加しているゲームのほぼあらゆるサウンドがこれでもかというくらい収録されているのは、大乱闘スマッシュブラザーズというゲームであって「最強のサウンドトラック」と言っても過言ではない。

 

 

『大乱闘スマッシュブラザーズスペシャル』つまらなかった所、不満点

・オンライン対戦が微妙。新たな要素「優先ルール」のせいで1対1の対戦をやりたいのに大乱闘をやらされることがあるのはかなり残念。このあたりの改善は早急にしてほしいと思った。

・最初から使えるキャラクターがかなり少ない。9割は隠しキャラクターというのは正直げんなりしてしまった。自分の気に入っているキャラが開放されていない状況だとなかなかのストレス。

・キャラクターによって復帰能力に差がありすぎる。これは性質上しかたのないことなのだが、空中での追撃が勝利への重要な要素になっているため、総じて復帰能力が強いキャラクターが強い、ということになっている。

 

その他細かい不満点

・ジャストガードの廃止

・回避後の硬直の長さ

・特定キャラクターの技性能が凶悪すぎる(特にキングクルールやインクリングが強すぎる)

・受け身の難易度向上

・ずらしの削除

 

 

Nintendo Switch 大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIALセット

Nintendo Switch 大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIALセット

 
大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL - Switch|オンラインコード版

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL - Switch|オンラインコード版