ゲームメモ物置

ゲームプレイ攻略方法や感想レビュー・メモ メール osusumeosusume33@gmail.com

広告

PS4『プロスピ2019』甲子園スピリッツ練習チャレンジで強い選手を作るコツまとめ

PS4『プロ野球スピリッツ2019』の、甲子園スピリッツの練習チャレンジにおいて強い選手を作るコツをまとめました

 


【プロスピ2019】練習チャレンジ☆580育成動画 攻略方法を字幕で解説【☆580】

 

甲子園スピリッツ練習チャレンジで強い選手を作るコツ

絶対条件

1.最初の手札が肝心

「練習チャレンジ」はとにかく『先に進むこと』が強い選手を作る大前提となっているので、最初の手札1〜2ターンの時点で「ハリキリ+4以上」が連続しなければ、即リトライするのがおすすめ。

また、ターンを消費しないで1マス進める「開眼カード」ががあるかどうかも重要になってくる。

目安としてはレベル1の時点で残ターン15は残っていること、これが条件。

 

2.レベル2の時点でマネージャがいなければ即リトライ

練習モードにおいて最も重要なのは「マネージャーマスに止まれるかどうか」ということだ。マネージャーは残りターンを回復してくれる最高の存在。マネージャーマスには多少進めるマスを犠牲にしても絶対に止まること。

まゆ、まち、菜奈の3人がレベル2、レベル3の時点で最低2〜3回以上登場しないようであれば強い選手を作るのはかなり難しい。

3人のマネージャーマスに最低1回ずつ止まることができればコンプリートボーナスとして「残りターン数+5」が手に入る。

 

3.「監督指導」「潜在強化」のカードは後半必須

全能力を大幅強化してくれる「監督指導」「潜在強化」のマスは後半になればなるほどもらえるポイントが高くなってくる。

特にハリキリレベル5で出現する「潜在強化」のマスはいずれかの能力のランクを2アップする効果があり、例えばパワーFならパワーDへ、パワーBならパワーSへとポイントに関係なく2ランク確実に能力上昇できるので確実に引いておきたい。

 

4.ラストマスのMr.ザイゼンのマスは確実に成功させる。

ラストマスのMr.ザイゼンのマスは成功すれば「経験値の大幅なアップ」、失敗すれば「すべての経験値を失う」というかなりリスクのあるマスだが、強い選手を作るためにはぜひとも止まりたいマス。

投手
大成功
投球、スタミナ、メンタル、球種の各ポイント+1000、スピリッツポイント+50、対左打者、クイック、牽制、荒れ球/リリース、援護、投手:存在感/威圧感、打たれ強さ、尻上がり、力配分、対ピンチ、対ランナー、一発/逃げ球、休息安定、球持ち、奪三振、内角攻め、ギアチェンジ、緊急登板○、打球反応、バントダッシュ、大舞台、デイゲーム/ナイトゲームの各極意Lv9
投手
成功
投球、スタミナ、メンタル、球種の各ポイント+1000、スピリッツポイント+50
野手
成功
ミート、パワー、走力、守備力の各ポイント+1000、スピリッツポイント+50

 

Twitterでの選手作成報告

上記のことをこれをふまえれば、かなり運の要素も絡むがこのくらいの選手の育成は可能。