ゲームメモ物置

ゲームプレイ攻略方法や感想レビュー・メモ メール osusumeosusume33@gmail.com

広告

Nintendo Switch『ゼルダの伝説 夢をみる島』感想レビューまとめ【面白かったところ、つまらなかった所、不満点など】

 

9月20日発売のNintendo Switchソフト『ゼルダの伝説 夢をみる島』の感想レビュー。面白かったところ、良かった所、つまらなかった所、不満点などをまとめました。

 

公式ティザー動画


ゼルダの伝説 夢をみる島 紹介映像

 

面白かった所、良かった所

1993年にゲームボーイで発売された『ゼルダの伝説 夢をみる島』のリメイクということで根強いファンの多いこの作品。リメイクとしてかなりクオリティの高い完成度を誇りつつも「マリオシリーズ」のキャラクターなどの登場で新しい風を吹き込んでいる良作。格段に増えたアクションもバリエーション豊かなものが多くより「ゼルダ」の世界観を広げるものとして機能している。

 

ほのぼのとしたグラフィック、誰にでも馴染みやすい操作感覚に惑わされがちだがしっかりとアクションゲームとしてのやりごたえがあり、頭を使わなければ勝てない的もたくさん登場するので老若男女問わずすべての人に勧めたいゲームだ。 戦闘以外にも元々この「夢をみる島」もとい「ゼルダの伝説シリーズ」は『草刈り』『穴掘り』の要素にかなりの中毒性があるゲームだったがリメイクによってさらにそれが増している。ザクッと草を刈る感覚やスコップで穴を掘る感覚はかなり現実に近いものがあり、ただひたすら草刈りや穴掘りをしているだけでもとても楽しい。

 

BGMもGB版の懐かしい音楽を今風にちょっとだけ手を加えて懐かしさ(エモさ)と新しさを絶妙なバランスで両立させたとても素晴らしいものとなっている。ウキウキと楽しくなってくるユーモアあるもの音楽から聴くだけで心臓がキリキリ痛むようなシリアスなものまで、かなり幅広く心を動かすBGMが満載だ。

 

 

つまらなかった所、不満点

不満点としてはGB版に比べると圧倒的にグラフィックや操作性が「今どき」のゲームになった結果、良くも悪くも「サクサク」と進められる快適さはどうしても劣ると感じた。ツイート感想にもあるように建物の出入りでのロードやリンクの動きのヌルっとした感覚など、GB版に慣れ親しめば親しむほど違和感を感じてしまった。

また数件ではあるがカーソルが動かなくなるバグや敵に攻撃が当たらなくなるバグも報告が。

 

総評 

GB版の空気感はそのままに最新の風を吹かせている懐かしくも新しいNintendo Switch『ゼルダの伝説 夢をみる島』、従来のゼルダファンだけでなく、新しく「ゼルダの伝説」という物語にふれる子供たちにとってもかなりおすすめできる一作になっています。

 

Nintendo Switch Lite グレー

Nintendo Switch Lite グレー