ゲームメモ物置

ゲームプレイ攻略方法や感想レビュー・メモ メール osusumeosusume33@gmail.com

広告

PS4・Switch『STEINS;GATE ELITE シュタインズゲート エリート』感想レビューまとめ【面白かった所・良かった所・つまらなかった所・不満点】

PS4、Nintendo Switchソフト『『STEINS;GATE ELITE シュタインズゲート エリート』の感想レビュー。面白かった所・良かった所・つまらなかった所・不満点などをまとめました。

 

公式ティザー動画(オープニングムービー)


PS4/PS Vita/Switch『STEINS;GATE ELITE』オープニングムービー

 

面白かった所・良かった所

アニメだけでは描ききれなかったアナザーストーリーを追体験できる本作。アニメではカットされて深く追えなかったエピソードや追加されたストーリーなどを楽しむことができるシュタインズゲートファンにはたまらないテキストアドベンチャーに仕上がっている。

PS4、Switch版ともに高画質、高音質でアニメと変わらないいやそれ以上のクオリティでヌルヌルとキャラクターたちが動くので、かなり没入感が高い。テキストアドベンチャーはアニメ部分がイマイチだったりすることが多いのでこの点はかなり好感が持てた。キャラクターデザインもほぼ変更点はなく、違和感なく楽しむことができた。

・フルアニメーションアドベンチャーなので、いわゆる「ながらプレイ」が簡単にできるのがミソ。他のテキストアドベンチャーゲームはどうしても「文字を読む」という行為がプレイヤーの没入感をワンテンポ遅らせてしまうので、このシステムはかなり斬新で良かった。

・初回特典の「線形拘束のフェノグラム HD」はファンのコレクト心をくすぐる良特典。

 

 

つまらなかった所・不満点

・一部キャラクターのダル(橋田至)やオカリン(岡部倫太郎)、まゆしぃ(椎名まゆり)の声に微妙に違和感がある。グラフィックに関してはほぼ違和感がないだけにこれは少し残念。

・絵に関しては人によってかなり好みがわかれるところがある。(これはシュタインズゲートという作品が元々クセが強めだということもある)

 

 

総評

良点でも触れたが、フルアニメーションアドベンチャーという新しい心みを使ったゲームとしてはかなり好感の持てる完成度の高い作品に仕上がっている。シュタインズゲートという作品の良さをより引き立てる副読本的な役割として、また、このゲームで初めてシュタインズゲートに触れる人のきっかけとしてどちらにもオススメできる一作です。